排水分析項目

環境を保護し、人々の健康を損なうことがないよう、公共用に用いられる水域の水質汚濁を防止するために、業種や特定施設を有する事業場などに対しては、水質汚濁防止法により全国一律の排水基準が定められています。事業者はこの基準を超えないよう、排水を管理することが求められています。地域によって、その排水基準は異なりますので、それぞれの地域で求められる数値をご確認ください。

 

熊本県では、全国一律の排水基準では水質保全及び環境基準の維持が難しいと判断される公共用水域において、上乗せ排水基準を設定しています。また、水質汚濁防止法に基づく特定施設には当たらない施設を有する工場、事業場に対して、施設を定めて、水質汚濁防止法同様の排水基準(横出し排水基準)を定めています。

​詳しくは熊本県の排水規制のページをご覧ください。

​有害物質(全国一律排水基準)

​その他の項目(全国一律排水基準)