製品異常調査

​分析事例1 製品付着成分の分析

 

 発生した不良品の大きさ、また製品の形や大きさによって使用する機器や手法が変わってきます。

 目的に従って、より適した分析方法・分析プランをご提案致します。

 

ご要望内容​:工業製品に付着した「シミ」のようなものの発生プロセスを知りたい。工程由来なのか、外的要因なのか。

 

​測定プランのご提案

​・形態観察+SEM-EDX​

結果

 顕微鏡による観察とSEM-EDXによる同定を行いました。この場合、製品から​ご要望内容について十分にお打合せさせていただき測定プランをご提案致します。​また、納期や予算のご都合にも沿うご提案となるよう心掛けております。

​分析事例2 製品の異臭調査

ご要望内容:製品から異臭がする。異臭の原因を知りたい。

 

測定プランのご提案

​・正常品と異常品の比較試験 

​・成分の同定

       

結果​

​・成分分析(検出化合物リスト)

・異臭成分と考えられる発生プロセスの推定

・考察

​試験内容

・異物・シミの特定(外観観察)

・異物・シミの特定試験(IR SEM-EDX GC/MS)

・微生試験

・異臭分析

・発生ガス

FAQ(お問合せの多い質問)

​ Q. どのような手法が最適なのかがわかりません

 A. お話をうかがい最適な手法をご提案いたします。まずはご連絡ください。

試験をご依頼のかたは、調査申込書にご記入の上サンプルとともに送付下さい。

詳しくは「分析検査のご案内」をご覧ください。

Tel  : 096-286-1311
Fax : 096-286-1312

製品異常の原因究明を行い、プロセスの改善へ

​ 弊社では異常の発生した原因究明を行い、発生プロセスの推定からプロセスの改善へつながるサポートを行います。

お問合せ、ご相談からの流れ

ご相談

お電話

​メール

​分析手段・

解決手段提案

(電話、メール)

​サンプルのご送付

​(郵送、持参、受取など)

分析作業

報告書お渡し