抗酸化能評価-SOD様活性測定

サンプルの性質と目的により、最適な前処理方法のご提案を行っています。

 ーお客様へのお約束ー

​・分析対象物は無償でお送りいただけます(必要に応じてクール便にも対応)。

・分析対象物に応じた前処理方法をご提案致します。

・前処理方法を書面で提出し、方法にご同意いただいたのち分析を行います。

​・粉砕、抽出、ろ過など、一般的な前処理には別途費用は発生致しません。

​・サンプル数に応じて割引を適用致します。

はじめに

呼吸や様々な外的要因により発生した活性酸素の多くは反応性が高く、DNAや酵素などのタンパク質に結合することにより、結果として生体機能を低下させ、各種疾病の発生や老化を促進させることが分かっています。これらのストレスに対する防御作用(抗酸化能)を持つ物質は多数報告されており、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ:Superoxide Disumutase)は、そのような物質の一つです。SODはスーパーオキサイドを過酸化水素と酸素に不均化分解することで、その毒性を低減し、過酸化水素はカタラーゼなどの酵素により水と酸素に分解され無毒化されます。​

 

近年、食品の持つ抗酸化能を利用した健康維持、疾病の予防に関する研究が注目を集めています。生体は極めて複雑なシステムが共同して機能しており、体内の微生物の働きの重要性が議論されています。食品は栄養を摂取すると同時に微生物にも影響を与えるため、その抗酸化能は体内微生物の菌叢にも関与することが考えられます。食品の持つラジカル消去活性を最も簡単に評価する方法として捉えることができます。

弊社SOD様活性分析の特徴

​弊社のSOD様活性測定法の特徴は、生体内でのスーパーオキサイド発生の仕組みを用いていることと、高感度に検出できるWST法で実施していることです。従って、従来法(チトクロームC法、ESR法など)で活性が認められなかったサンプルにおいてもSOD様活性が認められる場合があります。また、多検体に対応できるため、サンプル数が増えることでサンプル当たりの分析価格を抑えることが可能です。

分析価格、サンプル量、納期​

SODアッセイ 酸化ストレス 抗酸化能 ラジカル消去活性 WST 抗酸化食品 抗酸化分析

​機能性食品

SOD様活性測定原理

WST法によるSOD様活性測定原理を下図に示します。生体内と同様の方法で発生するスーパーオキサイドがWST-1と反応することにより、WST-1ホルマザンが生成します。この反応においてビタミン類やポリフェノールなどの抗酸化物質が存在すると、スーパーオキサイドは抗酸化物質による消去とWST-1との反応による消去が同時に進行する競合反応によって消費されます。競合反応の結果、WST-1と反応して生じたWST-1ホルマザン色素の量を測ることで、SOD様活性物質の活性度(ユニット)を規定することができます(色素量が多い=SOD様活性が低い)。

SOD様活性測定図

 

SOD様活性の単位

 

SODの活性単位(ユニット)は測定法によって異なります。このSOD Assay Kit-WSTで規定される1ユニット(1単位)は、「WST還元の50%阻害を示すサンプル溶液20 µLに含まれているSOD様活性」と定義されます。そのためチトクロームC測定などで求めたユニットとは比較できませんので、ご注意ください。

SOD様活性の求め方

ペットボトルの緑茶のSOD様活性を測定しました。まず緑茶を段階的に希釈し、それぞれの希釈溶液を用いてSOD Assay Kit-WSTでIC50を求めます。下図のように、希釈度合0.0167でIC50を示すことが分かりました。希釈溶液は反応容器内で10倍(サンプル量:20 µl/全液量:200 µl)に希釈され、また反応液量が200 µlであることから 1 ml緑茶に含まれるSOD様活性は、以下の式で算出することができます。

 

SODユニット=(1/0.0167) x 10 x 5=2,994 U/ml

​そのほか、規定ユニットのSOD(ウシ赤血球由来SOD)を用いて、検量線からサンプルのSOD様活性(unit/g、unit/ml)を求めることも可能です。

SOD活性(お茶)

分析例)ワインとワイン搾りかすのSOD様活性、焼酎搾りかすのSOD様活性

赤ワインはポリフェノールなどが含まれていることが知られており、抗酸化能が高いと言われています。また、ワインの搾りかすににも抗酸化性があると考えられています。今回、赤ワイン(カベルネソーヴィニヨン)と白ワイン(デラウェア、シャルドネ)および搾りかす(カベルネソーヴィニヨン、シャルドネ)についてSODアッセイ分析によりそれぞれの抗酸化能を測定してみました。また、焼酎の搾りかすについても抗酸化能があるかどうか測定してみました。

方法

ワインはそのまま希釈して使用。ワイン、焼酎の搾りかすは湿重量10 gにイオン交換水100 mlを加え凍結乾燥ののち乳鉢で粉砕しました(乾燥重量:約3 g)。粉砕したサンプル 1 gに10 mlのPBSを加え4時間(低温保存)抽出したサンプルを用いました。搾りかす抽出サンプルの抗酸化能をSODアッセイにより求めました。下にその結果を示します。

 

結果

赤ワインのSOD様活性としての抗酸化能は白ワインよりも20倍以上高いことと、カベルネソーヴィニヨンの搾りかすはシャルドネよりも約6倍の抗酸化能を持つことが分かりました。また、焼酎の搾りかすの抗酸化能は赤ワインの搾りかすと比べても同等かそれ以上に高いことが分かりました。