​マルターゼ活性

​はじめに

マルターゼは唾液や腸液に含まれる消化酵素の一つで、小腸では腸絨毛先端部から出て下の反応式のようにマルトースのグリコシド結合を切断し二分子のα-グルコースに分解する酵素です。分解されたグルコースは素早く細胞膜のグルコーストランスポーターにより細胞内に取り込まれます。

マルターゼ活性測定法

マルトースは還元糖であるため、基質にマルトースを使って還元糖としてグルコース量を求める測定法は使用できません。そのため、発色基質であるp-ニトロ-β-D-ガラクトピラノシドが使用されます。マルターゼによって生じた4-ニトロフェノールの発色量で酵素活性を求めます。一般的な分析の流れを下図に示します。

基質水溶液(p-ニトロガラクトピラノシド溶液)

  ⇩

   ←37℃に予熱

  ⇩

   ←酵素液(被検体抽出物溶液)添加

  ⇩

   ←インキュベーション

  ⇩

   ←炭酸ナトリウム水溶液添加

  ⇩

活性値変換(ユニット*/g、ml等)

*1分間に1μgの4-ニトロフェノールを生成する酵素量を1ユニットと定義