栄養成分分析

 1. 分析の目的(なぜ分析が必要なのか)

   健康増進法(平成14年8月2日 法律第103号)において、販売食品の容器や包装に栄養成分を表記する

 際には、栄養表示基準に基づいて表示する必要があります。
  栄養成分は、原材料の基本値と比率から理論値として算出する事もできますが、加工段階での成分の

 消失等もあり、実際のデータと相違が出る懸念もあります。表示義務違反を防ぐためにも最終製品での

 分析をお勧めします。

 

 2. 分析項目

 

 

 

 

 

 

 3. 測定機関としての取組み

 (1) 食品衛生法や食品衛生検査指針等の公定法に基づいて検査を実施します。 
 (2) その他、栄養成分分析に関する検査方法や食品検体のお問い合わせは、当社までお気軽にご相談

   下さい。