「急を要する衛生管理に役立てませんか?」

 厚生労働省より、2種類の遺伝子検査手法の内、「LAMP法」が浴槽水の衛生管理に役立てることができる有用な手法であるとの調査研究結果が報告されております。LAMP法では培養法検査で陽性である検体をほぼ100%陽性と判断でき、且つ3時間程度と迅速に検査結果が得られるとの結果が報告されています。 

※ LAMP法では、培養法では発見できない菌も検出できるため、これまで以上に高いレベルで衛生管理を行う事ができます。但し、LAMP法は公定法ではございません。公式な報告には、培養法の結果をお使い下さい。

※ 引用:健衛発0331第7号 平成27年3月31日「循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル」の改正ついて

採取方法

分析申込書 ダウンロード

​分析をご依頼の場合は、エクセルまたはPDFをダウンロードしご利用ください。