大気測定(ボイラー、スクラバー排ガス)

  

 1. 分析の目的(なぜ分析が必要なのか)

   大気汚染防止法(昭和43年6月10日法律第97号)第1条の中で、『工場及び事業場における事業活動

 並びに建築物等の解体等に伴うばい煙、揮発性有機化合物及び粉じんの排出等を規制し、有害大気汚染

 物質対策の実施を推進し、並びに自動車排出ガスに係る許容限度を定めること等により、大気の汚染に

 関し、国民の健康を保護するとともに生活環境を保全し、並びに大気の汚染に関して人の健康に係る

 被害が生じた場合における事業者の損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図る

 こと』と定められています。
  事業者は、工場や事業場から大気汚染物質が排出または飛散されないように監視する必要があり

 ます。

 2. 分析項目

 

 

 3. 測定機関としての取組み

 (1) 初めて測定を行うお客様には、事前に現場の確認や測定日の調整をさせていただきます。
 (2) 測定終了後、報告書のご説明にお伺いします。
 (3) その他、大気測定でお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。