飲料水検査

 

 1. 分析の目的(なぜ分析が必要なのか)

   水道法(昭和32年6月15日法律第177号) 第20条第1項の中で『水道事業者は、厚生労働省令の定める

 ところにより、定期及び臨時の水質検査を行わなければならない。』とあり、定期及び臨時の水質検査

 については、独自の検査施設を設けていない水道事業者は、厚生労働大臣の登録検査機関で検査を行う

 ことになります。(第20条第3項要約)
  また、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法)(昭和45年4月14日法律第20号)

 第4条の中で、特定建築物の所有者などは、政令で定める基準(建築物環境衛生管理基準)に従って当該

 特定建築物の維持管理をする必要があり、こちらも定期的に水質検査を行う必要があります。
  更に上記に該当しない施設であっても、小規模受水槽や飲用井戸に該当する施設は定期的に水質検査

 を行う必要があります。

 

 2. 分析項目

 

 3. 測定機関としての取組み

 (1) 当社は、水道法第20条登録検査機関(第138号)として、厚生労働省登録検査員が採水に伺います。
 (2) 検査の結果、基準値を超えた場合は、報告書発行前にご連絡を致します。
 (3) 法律の改正等がありましたら、随時情報提供も行っております。
 (4) 採水日程の調整および採水容器の貸出については、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。